Masanori
Yabuki
personal official web site
2007

INFORMATION
PROFILE
DISCOGRAPHY
MESSAGE...
MESSAGE index
BLOG
MAIL

www.m-yabuki.com

ドラムって本当に奥が深い。
材質の違いからはじまって、皮の種類&張り具合、口径や胴の深さ&厚さ、
金属部品の形状、そしてスティックの種類等、全てにおいて音に関係がある。
もちろん演奏の仕方によっても音は変わる。

それを『ああだこうだ』と悩み(楽しみ)ながらいろいろと試すのだ。
お金も結構かかる・・・。

実際に目の前でドラムを叩いて聴いた音(生音)と、
マイクを通して録音された音とは同じ楽器でも聞こえ方が全然違う。
また、たとえ楽器が凄く良い音で鳴ってくれていたとしても、
その音色が楽曲とマッチしているかどうかは別だし・・・。

こればかりは、様々な現場を経験して身につけていくしかないね。
レコーディングの機会には、ここぞとばかりにいろいろと試したり、
ライブの時も録音は欠かさずにして確認をする。
そう思うと1回1回の本番はとても重要である。
昔は音色なんかそっちのけで演奏のクオリティばかり気にしていたが、
今はまず音色の方が気になるかなぁ。(もちろん演奏も凄く気になるよ(笑))

音色をセンスよく自在に操れる達人になりたい。
もちろん、演奏のクオリティを何百倍にも上げたい。
どんな時でも魂は込めたい!
ずっと健康でいたい(笑)!


あぁ 果てしなく続くドラム道・・・


5月19日、いよいよ始まったelliottの『live+smile』。
この日から7月まで全5回にわたり、
横浜ランドマークプラザにあるガーデンスクエアにて
elliottのアコースティックライブが行なわれる。
(詳しい日程はインフォメーションをご覧下さい。)
しかも1日に2回本番!
もちろん1回目と2回目はメニューを変えて演奏。
入場料は無料なので、誰でもふらっと見にこれます。

この日の2部の演奏中、最近全然会っていなかった知り合いを
偶然発見してビックリした。
向こうもビックリしていたに違いない(笑)。
きっとデート中だったんだろうなぁ 彼女と思われる子が隣にいた。
横浜にデートに来ていたと推測できる(笑)。
ふとランドマークプラザに来てみたら、
生演奏しているバンドがいたので、もっと近くで見てみようって事で
よ〜く見てみたら、なんと僕が演奏しているではないかっ!
ってな感じだろうな(笑)。
デート中なのに最後までノリノリで観てくれてとても嬉しかった! ありがとう。


close-up

リハーサル時のショット!
(TOMOKOさんが撮ってくれましたぁ)


5月20日、この日は久々のイオンボッサのレコーディング。
有名な曲をボサノヴァ、またはラテンテイストにアレンジし
録音するというこの企画。
また声をかけてもらえて嬉しい限りである。
1日かけて3曲のリズム録りをやった。
完成が待ち遠しい・・・。


close-up

なんとドラム録音にマイクを14本も使用。
ドラムまわりだけでなく、スタジオのあちこちにもマイクを設置。
いろんな録り音をミックスする為らしい。
エンジニアさんのこだわりに大満足。


5月22日、この日は千葉でのレッスンの後、高速を飛ばして都内某スタジオへ。
ギタリスト中畑丈治さんに呼んで頂き、
パーカッションのレコーディングをやらせてもらった。
なんでも6月にソロアルバムが出るという事で・・・。
スケジュールの都合上、深夜からのスタートとなってしまったが、
なんとか体力が切れる前に(笑)無事録音を終わらせる事ができた。

5月26日、この日はelliottのワンマンライブが行なわれた。
場所は渋谷GUILTY(ギルティ)。
お馴染みボクラノフネライブも16回目となった。
リハーサルの時点からハプニング続きだった今回のライブ。
逆境がメンバーの結束をより強めたのであろうか(笑)?!
ライブの評判は凄く良かった(笑)。

次回のワンマンライブは8月25日(土)!
なんとこの日はボーカルTOMOKOさんの誕生日。
どんなライブになるか、今から僕も楽しみです。
皆さん是非、遊びに来て下さいね。

5月27日、この日はゲーム音楽のレコーディング。
この日は歌ものばかりだった。
ゲームのオープニングやエンディングで使われるのであろう。
曲数が多かったけど、前日のライブの気合いがまだ残っていたせいか(笑)、
凄く集中してレコーディングができた。
予定通りの時間で終える事ができて一安心。

5月30日、前回に続きイオンボッサのレコーディング。
ここんとこ休みがなかったので、少し疲れが溜まり気味ではあったが、
無事に終える事ができた。
3回目ともなると、一緒にプレイするメンバーとも少しずつ
距離が近くなってきて、居心地がだんだん良くなってくる。
また是非御一緒させてもらいたいです。
ありがとうございました。


close-up

どの楽器もレコーディング時はヘッドフォンをしながら演奏します。
その時にこの『キュー・ボックス』と言われる装置で
ヘッドフォンから聞こえてくる音を
自分のモニターしやすい音量やミキシングバランスに調整するのです。


close-up

この日のドラムはレコーディング・カスタムを使用。


2007年6月14日 矢吹 正則▽△▲


▲ back▲▲▼

▼ next▼▲▲


© 2007 Masanori Yabuki. all rights reserved. design by kayo sakamaki